メニュー 閉じる

074. ProcessingからDMX制御でクラスターLEDを光らせてみる 02

Opne DMX USBがちょっとうまくいかないので、本家のENTTEC DMX USB Proを借りてテストしてみました。
Win、MacともTouchDesignerで制御できました。試しにProcessingでも制御してみると、やっぱ前回と全然違います。

下記の動画は40灯のLEDにProcessingからアクセスしています。
最初は1灯目を光らせて、マウスクリックで2灯、3灯を光らせていきます。

途中、マウスのX位置によって光の量も変化させました。

20181207_mov

import dmxP512.*;
import processing.serial.*;

DmxP512 dmx_out;

String dmx_port = "/dev/tty.usbserial-1420";

int dmx_rate = 115000;

int universe_size = 120;

int num_light = 40;

int num_channel = 3;

int count = 0;

void setup () {

	size (255, 100);

	dmx_out = new DmxP512 (this, universe_size, false);

	dmx_out.setupDmxPro (dmx_port, dmx_rate);

}

void draw () {

	for (int i = 1; i < count; i++) {
		dmx_out.set (i, (int) random (mouseX));
	}

}
void mousePressed () {

	count += 3;

	if (count > num_light * num_channel) {
		for (int i = 1; i < count; i++) {
			dmx_out.set (i, 0);
		}
		count = 0;
	}

}

 

Posted in processing