メニュー 閉じる

124. ProcessingでPixelFlowを使ってGLSLやってみる08

ProcessnigのPixelFlowライブラリではshadertoy.comのリソースも
利用することができます。shadertoy.comは、GLSLによる様々な作品が
投稿され、コードまで公開されています。

このGLSLコードをProcessingに読み込んで画面上に表示しています。
PixelFlowの例でも使われていますが、下記のコードを使わせてもらいました。

https://www.shadertoy.com/view/4tXcRl

Processng単体ではまるで動かないであろうアニメーションが
スムーズに動いていて感動します。

http://www.velvet-number.com/p5_test/test090/20190410_mov.mov

import com.thomasdiewald.pixelflow.java.DwPixelFlow;
import com.thomasdiewald.pixelflow.java.imageprocessing.DwShadertoy;

DwPixelFlow context;
DwShadertoy toy;


void settings () {

	size (1280, 720, P2D);
	smooth (0);
	
}

void setup () {

	context = new DwPixelFlow (this);
	context.print ();
	context.printGL ();

	toy = new DwShadertoy (context, "data/SimpleGreeble.frag");

	frameRate (60);

}

void draw () {

	toy.apply (this.g);

	//saveFrame ();

}

 

Posted in processing